会社案内

  • TOP
  • 会社案内

ご挨拶

弊社は、昭和49年創業以来、自動車部品の研磨加工を中心に事業を継続させて頂いております。これも偏にご支援、お引き立てを頂きました皆様方のお蔭と深く感謝いたしております。

ロータリー研磨機に加え、コストの削減と納期の短縮を図るため、両頭研磨機、また、製品加工の対応範囲を拡大するため、バレル研磨もこれまでに導入し、常に「お客様のニーズに応えるものづくり」を進めて参りました。

今後も「お客様のニーズに応えるものづくり」を目指し、社員教育にも一層力を入れて、社員全員で技術、品質の向上に全力を尽くす所存でございます。

引き続き弊社をお引き立て頂きます様、宜しくお願い申し上げます。

      代表取締役 西澤 公良

会社概要

社名 有限会社 西澤研磨
代表 西澤 公良
所在地 長野県茅野市湖東8054-3
TEL 0266-78-2222
FAX 0266-77-2964
URL http://www.nishizawakenma.co.jp
E-MAIL info@nishizawakenma.co.jp
営業品目 精密研磨加工
精密研削加工
平面ロータリー研磨
両頭研磨
バレル研磨
資本金 500万円
設立年月日 昭和62年10月
従業員 20名
関連会社 全興産株式会社(Soram)
取引先銀行 諏訪信用金庫 茅野本町支店
八十二銀行 茅野支店

沿革

昭和49年 2月 長野県茅野市玉川に個人経営の西澤研磨を創業。
同時に平面ロータリー研磨機(市川製作所製)を導入。
昭和55年 4月 第1次設備増強として、平面ロータリー研磨機(三進製作所製)を導入。
昭和62年 5月 本社工場を長野県茅野市湖東8054-3に新築移転。
同時に第2次設備増強として、平面ロータリー研磨機(市川製作所製)を導入。
昭和62年10月 個人経営の西澤研磨を改組し、有限会社西澤研磨を設立。
昭和63年 4月 第3次設備増強として、平面ロータリー研磨機(市川製作所製)を導入。
平成 5年 3月 バレル研磨機導入。
平成12年12月 平面ロータリー研磨機(市川製作所製)を導入。
平成14年 5月 バレル研磨機(全自動)導入。
平成17年 5月 新本社工場を現本社隣接地に(茅野市湖東)に新築。
平成17年 7月 両頭研磨機(日清工業株式会社製)を導入。※1台目
平成19年 2月 両頭研磨機(日清工業株式会社製)を導入。※2台目
平成19年 5月 NC旋盤(滝沢鉄工所株式会社製)導入。
平成23年 8月 両頭研磨機(大平製作所製)導入。※3台目
平成25年 3月 検査設備 マイクロスコープ(キーエンス製)導入。
平成26年12月 「ものづくり補助金」の助成を受け、両頭研磨機(日清工業株式会社製)を導入。※4台目
これにより、樹脂研磨加工の研究開発を開始。
平成28年10月 新規研磨設備及び、新規検査装置導入
令和元年10月 代表取締役交代(西澤武美は相談役に就任)
令和2年1月 検査工程を別棟に移設

西澤研磨の取り組み【5N】

西澤研磨の取り組み【5N】

当社では、5N(望む・直す・習う・練る・担う)を基本に、社員一人ひとりが常に自分を磨き、成長させるよう心掛けています。

【N1】望む・・・自分の成長を望み、困難な物事に立ち向かう。

【N2】直す(素直・正直)・・・初心にかえり、素直な心で自分を改める。

【N3】習う(学習・習得)・・・基礎能力を身に付け、ミスしたことを
               理解して繰り返さない。

【N4】練る(知識・練磨)・・・技術を磨き、経験を積む

【N5】担う(担当・責任)・・・責任を持って仕事を受け持つ

アクセスマップ

【当社所在地】
有限会社 西澤研磨
長野県茅野市湖東8054-3
TEL:0266-78-2222

【お車でお越しの方】
中央道『諏訪IC』より約15分

【電車でお越しの方】
JR中央本線『茅野駅』よりタクシーで約12分